lmbodystep2の日記

こちらはバックアップ用です。本編はhttps://bodystep.lm-upto100.comへ

BODYSTEP Equipment

ステップ台について

ボディステップではその名の通りステップ台を使用し、有酸素運動を行います。

使用するステップ台はスポーツクラブによって異なりますが、主に3種類に区分されます。 

SMART STEP スマートステップ

レズミルズ スマートステップ

Lesmillsプログラム専用に開発された独自ステップ台です。他の台と違い、角が円形になっていることが特徴です。

また、ロックインシステムを採用しており、プラットフォーム(足をのせる台)とライザー(高さ調整)を固定することができますので、グラつきガタつきはあまり感じません。

安定感もありまさにBODYSTEPに向いていますが、唯一の難点は重たいことです。

日本では代理店としてコナミスポーツクラブのオンラインショップで購入できます。

 

サイズ 105(L) x 42(W) x 10-20(H)cm重量 5.9kg(ライザー込み重量9.0kg)

販売価格 24,200円(コナミオンラインより)

レズミルズ スマート ステップ セット / LES MILLS SMARTSTEP SETの通販 | KONAMI SPORTS CLUB オンラインショップ

 
the STEP ザ・ステップ

ステップ台といえばこれ、という方も多い、スポーツクラブでは最もメジャーな形状。

実は横幅が一番大きいのがこのザ・ステップになります。色は「緑+ピンク」や「グレー+黒」など様々。緑の台はかなりの古株です。プラスチック製で中が空洞なので軽いのが特徴です。あとこの空洞のおかげかクッション性もよい気が。

残念なのはライザーの上にプラットフォームを乗せるだけの構造なので、どうしてもガタガタという音がしてしまいます。あと、このステップ台を導入しているところはたいてい古いので滑り止めのゴムがなくなっていることもままあったり。

サイズ 109(L)×41(W)×10-20(H)

重量 約4.7kg(ライザー込み重量6.7kg)

(昔の製品に比べると最近のザ・ステップは重たくなっているようです。耐久性を持たせるためでしょうか。)

販売価格 24,200円 

 

REEBOK ステップ

最大の特徴はプラットフォームの内側にライザーを収納できる点。コンパクトにまとめられ、運ぶのも楽ちんです。

全体的なサイズはこのREEBOKステップが一番小さいですね。その差は数センチながら、トップスクワットやアクロスザトップをしてみるとかなり違いを感じると思います。

最大の弱点は高さが15cmまでしか下げられないこと。Speed StepをこのREEBOKで行うと大変なことになります汗

ちなみにREEBOKステップはプラットフォームには滑り止めがついていないので、必ずライザーを装着した状態で使ってください(実はLesmillsのトレーナー陣も知らなかったようで)

サイズ 102(L)×39(W)×15cm(H)

重量 約7.2kg(ライザー込み重量)

販売価格 19,345円(Amazonより)